冷えると関節が痛むのはなぜ | 大阪府大阪市城東区古市 すずき鍼灸整骨院

ヘッダー ヘッダー ヘッダー

冷えると関節が痛むのはなぜ

冷えると関節が痛むのはなぜ

寒い日や冷房の効いた空間で関節が急に痛んだり、骨折した箇所が痛んだりした経験はありませんか。
毎年痛みに怯えて冬が嫌いになってしまう方もいらっしゃいます。痛みが発生する原因を知っておけば、前もって準備することもできます。毎年訪れる季節の前準備をして安心して迎えましょう。

なぜ冷えると痛くなるのか

寒い日や冷房の効いた空間で関節に痛みを感じた際、骨自体に原因があると思っていませんか。
骨が原因なら1年を通して痛くなると思います。寒い日や冷房の効いた空間に共通する「冷える」に注目してみましょう。
原因の1つとしてあげられるのが血行不良による痛みで、人の体は冷えを感じると体温を逃がさないようにと、手足だけでなく体表などの血管も収縮します。

この反応により筋肉に届く血液が不足してしまい、筋肉が硬くなってしまいます。さらに寒い時には軟骨部分も硬くなってしまい、関節を伸縮させる時に付着部分に負担が掛かることで痛みが発生するのです。冷える時は痛覚や感触も過敏になるので、痛みを感じやすくなります。

対処法はあるのか

冷えが原因で痛みが生じている場合は、個人差はありますが温めるとこによって痛みが和らぎます。
サポーターを着用したり、重ね着をして温める方法や、お風呂でぬるま湯に浸かりながら温める方法もあります。
他にも、蒸しタオルやカイロを痛みがある部分にあてて温める方法もありますが、全く違う原因による痛みの可能性がある場合は注意してください。また、毎日の食事の際も、血行促進をサポートしてくれる食材や調理法を実践してみるのもいいでしょう。

ご紹介した方法は、あくまで一時的に痛みを和らげる方法の1つに過ぎません。慢性的な痛みになる前に整体などに通って整体師と相談することをおすすめします。また、めまいや痛みなどは、体から送られてくる異常を伝えるサインです。
症状が軽いからといって放っておくと、取り返しのつかないことに繋がる可能性もあります。

大阪市鶴見区や城東区で整骨院をお探しの方は、すずき鍼灸整骨院をご利用ください。肩こり腰痛骨盤矯正歪みなど他にもダイエットに効果的な整体施術など、様々なお悩みに豊富な経験、知識、技術でお応えします。

全国交通事故治療の認定の整骨院ですので、交通事故によるむち打ちなどのケガのご相談も承っています。
城東区にあるすずき鍼灸整骨院は、大阪市鶴見区や旭区から通いやすい国道163号線沿いにあり、最寄り駅は地下鉄今里筋線、新森古市駅です。

 

治療の流れ

院へのアクセス

すずき鍼灸整骨院
【院 長】 鈴木 智也
【住 所】 〒536-0001 大阪府大阪市城東区古市3-14-5
【T E L】 06-7174-4781
【駐 車 場】 近くのコインパーキングをご利用ください。
        ・エコロパーク古市第1
         (〒536-0001 大阪市城東区古市3-13-13)
        ・ITAL PARKING
         (〒536-0001 大阪市城東区古市3-13-28)
【予 約】 予約優先制 ※美療相談室は完全予約制
 

大きな地図で見る