骨盤が担っている大切な役割 | 大阪府大阪市城東区古市 すずき鍼灸整骨院

ヘッダー ヘッダー ヘッダー

骨盤が担っている大切な役割

骨盤が担っている大切な役割

体の中心部分となる骨盤は、上半身と下半身をつなぐ役割を持った全身を支える土台であり、内臓や生殖器を守るプロテクターでもあります。整体・整骨院で骨盤矯正を受ける前に、骨盤の構造を知っておくと歪みだけでなく、正しい位置と矯正する目的が明確に分かってきます。

「骨盤」は腰まわりの総称

骨盤は骨の名称ではなく、仙骨と尾骨、対になっている寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)で構成されていますので、1つの骨ではなく8つの骨で構成されています。そして骨盤は脊柱や肩甲骨、股関節など様々なパーツとつながっていますので、開いたりズレたり、傾いたりすると腰痛肩こりを引き起こしてしまうのです。

もし骨盤が1つの骨であったとすれば、歪みが発生することはありません。

それぞれの骨が持つ機能

まず、仙骨は骨盤の中心となる骨で腸骨と腰椎(脊柱の下部)をつなぐ逆三角形の骨で、常に重力の中心となっています。そのため、1mm傾くだけで腰まわりの筋肉が緊張してしまいます。

次に腸骨は、大腸や膀胱、女性なら子宮・卵巣を守る皿のように支える骨で、仙骨の両側に扇状に広がっています。
恥骨は前側にある骨で、仙腸関節が揺れることで処理する重力のバランスをとる重要な役割があります。そして坐骨は座った時にイスや床に触れる部分であり、上半身を支える台座という役割があります。

1日に開いたり閉じたりしている

私たちの健康的な生活リズムに、骨盤の開閉が関わっていることをご存知でしょうか?骨盤が閉じ始めると体温が上昇し、交感神経が優位になって脳も体も目覚めて排泄が促され、よい1日がスタートします。そして、お昼から夕方にかけて徐々に開いていき、休息モードになると交感神経は副交感神経へとバトンタッチされます。

やがて正常な範囲内で開ききると副交感神経が優位になり、睡眠モードに入って成長ホルモンが分泌され、1日の終わりに回復モードへと切り替わります。この骨盤リズムが崩れてしまうと体は疲れがとれず、冷えやむくみ、スムーズな排泄ができなくなり、ダイエットにも影響してきます。

大阪市城東区で整体・骨盤矯正をご希望でしたら、すずき鍼灸整骨院にお越しください。ボキボキしない整体で、骨盤矯正やリラクゼーション、痩身などに対応しています。もちろん城東区だけでなく、旭区・鶴見区で整体をご希望の方のご来院もお待ちしております。

院へのアクセス

すずき鍼灸整骨院
【院 長】 鈴木 智也
【住 所】 〒536-0001 大阪府大阪市城東区古市3-14-5
【T E L】 06-7174-4781
【駐 車 場】 近くのコインパーキングをご利用ください。
        ・エコロパーク古市第1
         (〒536-0001 大阪市城東区古市3-13-13)
        ・ITAL PARKING
         (〒536-0001 大阪市城東区古市3-13-28)
【予 約】 予約優先制 ※美療相談室は完全予約制
 

大きな地図で見る